WEB診療予約
初診予約

03-3337-4618Contact

平日10:00~13:30/15:00~20:00(土・日~18:00)
休診日:木曜日・祝日

Pediatric dentistry 小児歯科

子供の歯を守りたい(小児歯科)

お子さんの歯を守れるのは、親御さんだけです

「乳歯は永久歯が生えてくるまでの“つなぎ”だから……」と、乳歯の虫歯を軽視される親御さんもいらっしゃいますが、それは間違った考え方です。
乳歯が虫歯になってしまうと、これから生えてくる永久歯も虫歯になりやすくなります。
また、顎の骨の正しい成長が妨げられることで、将来的に歯並びが乱れてしまう可能性も高くなります。
つまり、乳歯を大切にしなかったためにお子さんが大きくなってから困る――というケースも、十分に考えられるのです。

自分でお口の健康をしっかりと守ることはできないお子さんにかわって、大切な歯を守ってあげられるのは親御さんだけです。
歯並びやお口のケアに注意してあげることで、お子さんの健やかな成長を応援しましょう。
さぎのみやファミリー歯科には子どもの歯や子どもの考え方を熟知した小児歯科専門医が在籍しており、お子さんの歯を虫歯から守るさまざまな処置を行っています。

【まずお子さんに「慣れてもらうこと」が重要です】

当院ではお子さんを「歯医者嫌い」にさせないために、まず「慣れてもらうところ」から少しずつ診療を行っています。歯医者嫌いになってしまうと、大人になってから虫歯や歯周病の症状を我慢したり放置したりすることにつながり、痛い治療が必要になるリスクや歯を失うリスクを高めてしまうでしょう。
子どもを歯医者嫌いにさせないことは、将来の健康維持という点でとても大きなメリットがあります。当院では、お子さんの接し方に慣れた子ども好きな女性スタッフが対応しています。急を要する場合以外は、無理やり押さえつけて治療することもありません。お子さんのペースに合わせて歯医者に慣れてもらいますので、心配せずに落ち着いてご来院ください。

お子さんが虫歯になる前の通院を

虫歯は、適切なケアによって防ぐことができる病気です。歯科医院ではお子さんの虫歯を防ぐための「予防メニュー」も多数ご用意していますが、多くの方は「歯医者さんは虫歯を治療しにいくところ」だと思っているようです。
一度虫歯になると、お子さんの大切な歯を削らなくてはならないので、将来お子さんが歯を失うリスクを高めてしまうことにつながります。お子さんの歯が生えた瞬間から、「虫歯との戦い」のはじまりです。最初の乳歯が生えたら、虫歯になってしまう前に歯科医院へお子さんをお連れください。
当院ではお子さんに「歯医者さんは楽しいところ」だと思ってもらえるよう、楽しく感じられるような装飾を施したお子さん専用のユニットを設けています。
待合室にはキッズスペースをご用意。親御さんの目の届く場所で、安心して遊ばせていただけます。化粧室にはおむつ替えシートも設置しているので、赤ちゃん連れの方も気軽に通院していただけます。

子どものための虫歯予防メニュー

【フッ素塗布】 フッ素には歯質を強化する働きがあり、虫歯になるのを防いでくれます。
また、歯の再石灰化が促進されるので、ごく初期の虫歯であれば治るケースもあります。乳歯や生えたばかりの永久歯は歯質が弱く、虫歯になりやすいうえにすぐに進行してしまうので、フッ素で虫歯に強い歯をつくることが大切です。
フッ素塗布は無料で行っております。
【シーラント】 奥歯の溝は深く複雑な形状をしているので、一度汚れが入りこむとなかなかブラッシングできれいに落とすことができません。
その奥歯の溝をレジン(歯科用プラスチック)であらかじめふさぐことで、汚れの侵入を防ぐ処置がシーラントです。
【ブラッシング指導】 お子さんの歯並びやお口の中の状態によって、適したブラッシングの方法は違います。毎日みがいていても、汚れが取れていなければ意味がありません。当院ではお子さん一人ひとりの口腔内をしっかりと把握したうえで、適切なブラッシング方法を指導していきます。
【ブラッシングの説明】 ブラッシング指導と合わせ、「虫歯で歯がぼろぼろにされるのを防ぐ」
といったブラッシングの役割も説明してあげることで、お子さんが予防に前向きに取り組めるようになります。
【子どものPMTC】 PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)は、歯科医院で行う専門的なお口のクリーニングです。お口の中にはブラッシングで取りきれない汚れが少しずつ蓄積するもの。
歯科医院での定期的な清掃によって、お子さんの虫歯を効果的に予防できます。

【PICKUP 定期的な検診を受けましょう】

定期検診の受診は、お口の健康を守るために大切なことです。厚生労働省や日本歯科医師会が推進している「80歳の時点で自分の歯を20本残す」という目標を実現するには、この定期検診の受診が欠かせません。
定期検診は虫歯の早期発見につながるので、国際歯科連盟の提唱する「ミニマルインターベンション(患者さんの負担を最小限に抑えた治療)」の実践にも貢献します。お子さんの歯をいつまでも健やかに保つために定期検診を積極的に活用し、できる限り削らない・傷つけない治療に努めましょう。

子どもの歯並びとクセの関係

子どものころのクセと歯並びの間には、密接な関係があることをご存知でしょうか。
親御さんも気づかないようなちょっとしたクセがお子さんの歯並びを乱し、正しい成長を妨げていることがあります。
次のようなお子さんのクセに心当たりのある方は、早めにやめるよう教えてあげましょう。

頬杖

頬杖をつくと頭の重さが顎に乗りかかり、顎の正常な発達を妨げたり、咬み合わせを乱したりする恐れがあります。

舌で歯を押す

歯を舌で押すクセがあると、歯が徐々に移動することがあり、すき間ができる原因になります。

唇を咬む

出っ歯や受け口といった不正咬合になりやすく、歯や顎の成長に異常をきたす原因となります。

爪を咬む

爪を咬むクセがあると、出っ歯や上顎前突(上顎が前に突き出す不正咬合)を引き起こすことがあります。

指しゃぶり

上下の前歯で咬み合わせがずれたり、出っ歯になったり、顎の成長を妨げたりする原因となります。

Contact

お問い合せはお気軽に  03-3337-4618

平日10:00~13:30 15:00~20:00(土・日 ~18:00)
休診日:木曜日・祝日

インターネット初診予約
TOP